Flocked Hair

痛みの少ない自毛植毛は?

パソコンを使う男性

自毛植毛では手術が行われますが、クリニックによる治療のために麻酔が使えます。そのため手術中に痛みを感じることは殆どありません。しかし手術が終わり、麻酔が切れてくると痛みが出てくることがあります。その時は痛み止め薬の処方が受けられますので、緩和させることが可能です。手術後の痛みは自毛植毛の術式によっても異なります。FUSS法と言う術式では後頭部に生えている髪の毛を皮膚ごと採取しています。
採取した後は縫合すると言った関係上、手術後の痛みが強くなりやすいです。上下の皮膚を縫合した時にツッパリ感が出ることがあります。特に後頭部の頭皮が固い方はツッパリ感が出やすいです。人によってはツッパリ感が長く出ると言うことがあります。FUE法と言う術式ではパンチでくり抜いて採取しています。メスで切って皮膚ごと採取すると言う術式ではありませんので、手術後の痛みは少ないです。
丸い傷跡が出来ますが、小さいために治りが早く目立たなくなっていきます。手術後の腫れも少なく、復帰出来るまでのダウンタイムも短いです。ただし切らないFUE法でも医師の技術力が低いと痛みが強くなることがあります。そのため痛みが気になる方は技術力の高い医師から自毛植毛を受けると良いです。

POST LIST